スポンサーリンク

帰ってきたヤームさん

サワッディーカァー

昨日嬉しかった話。

私たちが今のコンドに引っ越してきた頃から既にヤーム(警備員)として働いてた責任者のお兄さん。

今年の5月頃やったか突然ある一人を除いてメンバーがガラッと変わってその人も見なくなったんよね。

「いよいよ配置換えで別のコンドに行っちゃたんやろか・・」とかなりショックで残念に思ってたんやけど、昨日の朝コンド内で見かけて「えーーっ!??」ってなった。

今日外出してコンドに帰ってきた時にも居たから「お久しぶりです!別のコンドに移ったのかと思ってました」って言ったら「心臓の病気で家に帰ってた」と。

ウドンタニー県出身みたいで「ウドンタニーはタレーブアデーンを見に行ったことあるよー」って言ったら嬉しそうにしてた。

それにしても予想外の理由でびっくり。

完治したって言ってたから取り敢えずはもう大丈夫なんなんかな?とは思うけど、戻ってきて素直に嬉しい。

ウド助が小さい頃から名前を覚えてくれて会えばよく名前呼んでくれて相手してくれてたから。

他にもよく遊んでくれてた若いお兄さんたちがいたけどその人たちも同じ時期にどこかへ行っちゃって寂しく思ってたんよね。

「もうすぐ居なくなる」って一言言ってくれたらいいのに( ;∀;)

ウド助が小さい時から知ってくれてる人が居なくなる寂しさ。

ウド助は今住んでるコンドで育ってきたようなもんやし・・

掃除のおばちゃんたち然り。

親、親戚がいないタイでの暮らしではほんまにありがたい存在。

他のとこに引っ越したくなくなるぐらい。笑

冒頭で述べた「ある一人を除いて」の一人に当たるヤームのおじさんも、小さい頃は怖がってたウド助も成長した今はめっちゃ懐いてるしこの先もずっとここに居て欲しい存在。

一緒に成長を見守ってくれてる大人が身近にいるとこんなにも心強いもんなんやなーって思う。

なのでこのヤームのお兄さんが戻ってきてくれたことも嬉しい!!

ウド助も覚えてると思うから今度一緒にいる時に顔を合わす時が楽しみやな(´ω`)

ウド子

タイ生活
スポンサーリンク
Udoko’s Room in Thailand