スポンサーリンク

ノーンとの再会

サワッディーカァー

同じコンドに住んでた現在2歳の男の子(ここではA君とする)

タイ人とイタリア人のハーフで、両親が共働きゆえに平日は基本おばあちゃんがお世話してるんやけどウド助が2歳のときから下で会えばよく一緒に遊んでた子。

片言の日本語ができるおばあちゃんともよく話してたし、日本が大好きなおばあちゃんとママさんで大のフジスーパー好きw

そのファミリーが11月頃に都心の方へお引っ越し。

正直こどもたちは仲良く遊んでたし日本好きなおばあちゃんにも親近感あったから「残念〜、寂しい〜」って気持ちがありました。

それが12月入ってからかな?コンドのヤームさんから一枚の紙を渡されて見ると電話番号が。

A君のおばあちゃんがコンドに遊びに来た時に託して行ったらしい。

その子が引っ越した先でキットゥンウド助らしく連絡が欲しいとのこと!

えっ、嬉しい〜

電話越しでタイ語で会話するのドキドキするけど勇気を出してかけるとおばあちゃん(見た目は若い)「Aがキットゥン◯◯(ウド助)なのよ〜」「◯◯(ウド助の名前)x2って言ってる」「また一緒に遊びましょう」と。

その後、師走もあってか連絡はなく・・どうしてるかな?と思ってたけど、昨日は幼稚園もお休みってことで昼前に近所に用事と買い物

コンド内に入るタイミングでウド助の名前を呼ばれて振り向くとそのおばあちゃんとA君の姿が!

「おぉ〜、久しぶりです〜」「ウド助!A君だよ!」と言うとウド助もA君の名前を呼んで嬉しそう。

そのまま我が家に招いておもちゃで一緒に遊んでました^^

最初はウド助も名前を呼んでおもちゃの説明をしたり「みて!」と一生懸命。笑

ただA君はまだ言葉があまり話せないっていうのもあるし日本語で話しかけられてもあまり通じてなさそうな・・

でも凄く楽しいみたいでお歌を歌いながら遊びに夢中。

おばあちゃんはそれを見て私に「◯◯(A)はすごく嬉しい、多分帰りたくないよ」と。

新しい家で歌いながら遊ぶってことがないらしい。

コンド内にいる友達は同じくハーフの子一人だけみたいでお友達と遊ぶってことが少ないから可哀想と。日本人の子どもを見てないって言ってました(気付いてないだけかも??)

インド人が多いらしい。

以前からちょっと偏見がある発言があったり考えが固執してるように感じることもあったけど・・

とにかく日本好きってことで日本人、日本料理、日本の物に対しては肯定的な意見ばかり。

日本人としては素直に嬉しいですけどねー

タイ人イタリア人の両親やのに日本のスクールに入れるかもって話を聞いた時はさすがにびっくりしたけどww

日本の幼児教育にも関心があるみたい。

言語に関しては気にしないの?って聞いたら「言語よりも先に心の育みが大事(私訳)」みたいなこと言ってたな。言語は後からでもどうにでもなると・・

それを聞いた時、海外生活で言語教育に頭を悩ませてる親としては目から鱗というか「へぇ〜、そういう考え方の人もいるんやー」と周りでは聞けない意見が聞けて興味深いなと。

「三つ子の魂百まで」ってことなんやろうけど、それを日本語環境で・・っていう考えが凄い。

日本好きが高じてって感じなんかなー

けどそのA君はイヤイヤ期なんてないって言うし、怒ったりギャーギャーしてる姿も見たことない。

いつもマイペースで機嫌が良く愛嬌いっぱい。

赤ちゃんの頃からオーケストラ聴かせてるって言ってたなー

あと「小さい子どもにダメって言わないよ」とも言ってた。危ないことは別として。

私も新米母として勉強させてもらったな(´ω`)

「◯◯(A)のママもいつでも来てくれていいって言ってるから」「お家に遊びに来て」と言うので自分のLINE IDをママにと託しました。

今んとこ通知ないけど。笑

とにかくおばあちゃんも言ってたけどフィーリングが合うお友達って多くはできないもんね。

それは大人になってからも同じやと思う、だからこそ学生時代から今も続いてる関係は大切やなとも。

ってことで次は引っ越し先のお家にウド助と一緒に遊びに行かせてもらう日を楽しみにしてる♡

ウド子

育児関連
スポンサーリンク
Udoko’s Room in Thailand