スポンサーリンク

深夜便は辛いよ

サワッディーカァー

ただいま日本に帰国中のウド子でございますー

帰国前の1週間ぐらいは色々重なって気持ちも体調も落ちてたけど今は元気!

なんとか帰国も出来てホッとしてまふ。

今回はウド男氏とは別々の便で帰ってきたのでウド助と二人先に到着。

初めて?スワンナプームから関空行きのピーチ便を利用してみたけどスワンナプーム空港での搭乗ゲートが一番端っこやったとはーー

そしてフライト時間が夜中の1時過ぎ。ウド助がどのタイミングで「抱っこー」って言って寝ちゃうのかが1番の懸念事項やったけどなんとか搭乗ゲートまで自分で歩いて行ってくれたので助かった。

私が事前に「荷物もあるから頑張って起きててね」と圧をかけてたせいかも^^;;

ちょっと可哀想やったけど正直寝られたら手荷物のスーツケースもあったし辛かったーー

しかし途中から小さめのスーツケースを持ってゲートまで歩いてくれたのには驚いた(´ω`)

搭乗開始時刻が遅れてたので流石に待ち切れずゲート前の待機スペースで力尽きちゃったけど^^;

これで朝まで寝てくれてたら大助かりやったけど到着までまだあと2時間近くというところで寝心地悪く起きてしまいご機嫌斜め。

機内はみんな眠いのにぐっすり眠れてないやろな・・という雰囲気を感じ取っていた中で一人ぐずってたので母としてはなるべく悪化させないよう努めました。汗

救いは窓側に座ってた外国人男性が優しい人やったことよ( ・∇・)

片言の日本語話してたしスーツ姿やったからてっきり仕事で日本に行くタイ人かなと思ってたけど最後話しかけたら「タイゴ、ワカリマセン」と返されて拍子抜け。

聞けば日本に住んでるというミャンマー人。タイには旅行でと言ってたけどスーツ姿やったのが不思議やったなー。

ウド助の寝てる足がちょっと当たった時も「大丈夫」という仕草を見せてくれて優しかったし、ぐずってた時はウド助の足を指でトントンとしてシーのポーズで宥めてくれたりして。

それを見たウド助はちょっと大人しくなったものの機嫌は治らずママを見て唸り声w

その後抱っこしても「眠れない」と少しぐずり・・ジョージの動画をイヤホンで見せたりしてなんとか切り抜けたけど母の心は穏やかではなかったぞ(-.-;)y-

私はというと寝ようにも首が痛くて眠れへんしウド助が気になるしで寝た気になれないまま関空到着〜

もう幼児連れで深夜1時過ぎのフライトは選んだらあかんなといい教訓になりました。

まぁ無事に着けたのが何より。

関空の第2ターミナルで降りたのも初めてかも。

ということで前回の一時帰国で期限切れの免許更新も終えたし今回は比較的のんびり過ごしております〜

以上、日本のトイレでトイレットペーパー流すのが慣れない在タイ7年目でした。

ウド子

その他
スポンサーリンク
Udoko’s Room in Thailand